2016年07月23日

PostgreSQL9.6 Beta3 + CentOS7 (64bit)

PostgreSQL9.6 Beta3 + CentOS7 (64bit)をEDBから、ダウンロード
xxx.runファイルのインストールを、やってみたことが、なかったので、試してみました。

xxx.runファイルのインストールは、 chmod +x で、実行権限をつけて、実行すれば、OK。




01.png
2.
02.png
3.chmod +x postgresql-9.6.0-beta3-linux-x64.run
./postgresql-9.6.0-beta3-linux-x64.run
03.png
4.
04.png
5.
05.png
6.
06.png
7.
07.png
8.
08.png
9.
09.png
10.
10.png
11.
11.png
12.
12.png
13.
13.png
14.
14.png
15.
15.png
16.
16.png
17.
17.png
18. postgres.conf とpg_hba.confをgEditで、接続環境を整えます。
18.png
19. メニューにPostgreSQLが追加され、pgAdmin4が選択できます。
19.png
20.
20.png
21. pgAdmin4起動中
21.png
22. 
22.png
23. Create Databaseで、エラー
ERROR: new encoding (UTF8) is incompatible with the encoding of the template database (SQL_ASCII)
HINT: Use the same encoding as in the template database, or use template0 as templat

23.png





24. Windowsと同様なふるまいのシェル。
24.png


Linuxで、ローカル環境に、グラフィックインストールするのであれば、Windowsのインストール画面と同様な手順なので、もっとも簡単な方法のと思います。

posted by a23 at 17:40| Comment(0) | PostgreSQL

2016年07月13日

Git + Github + Sourcetree (Windows)

Git + Github + Sourcetree (Windows7)

もっと簡単なものか、思っていたら、かなり、苦労したので、手順をメモします。

pikさんの
を、まねてみます。(他にも方法は、いろいろあるようなのです)


最初に
(1)ローカルのGithubにプッシュするフォルダ(今回は E:\Github_Push_delphi とします、後で、ここに、プロジェクトをフォルダごとコピーします)

(2)Githubのアカウントの作成(今回は a23 とします)
   Githubのアカウントの後ろの名前を決める(今回は delphi とします)

(3)Gitのインストール Git-2.9.0-64-bit.exe

(4)SourcetreeのインストールSourceTreeSetup_1.8.3.exe

の順で、セットアップします

(1)
E:\Github_Push_delphiフォルダを作成。
001.png
Github_Push_delphiフォルダのなかに、Githubにアップしたいプロジェクトをフォルダごとコピー。
(あらかじめ、コピーすると、後で、エラーとなりますので、空のまま、進んでも大丈夫です
(4) 20 fatal:destination path 'IN:\Github Push delphi' already exist and is not empty directory.)
002.png


Githubの概要として、イメージしやすかった図(少し変更)とリンク元
git4.jpg


(2)
GitHubのアカウント作成後、ログインし、Start a projrctを押します(ブラウザーでの処理)
003.png



Create a new repositoryで、Repository nameを入力して、Create repositoryボタン押します
004.png

Githubのロゴマークを押して、初期画面に戻ります
005.png




Your repositoriesに作成したリポジトリが表示されます(delphi)
006.png



(3)
gitをインストール(ローカルでの処理) Git-2.9.0-64-bit.exe
1001.png
2002.png
3003.png
4004.png
5005.png
6006.png
7007.png
8008.png
9009.png
10010.png
11011.png

(4)
SourceTreeのインストール(ローカルでの処理) SourceTreeSetup_1.8.3.exe
とコミットからgGithubへのプッシュ
001.png
2 .Net4.5が未インストールなら、インストール
002.png
3 同意
003.png
4
004.png
5 完了
005.png
6 セットアップ画面に戻ります
006.png
7
007.png
8
008.png
9
009.png
10
010.png
11 ライセンスに同意して、続行
011.png
12 アカウントの作成かログインを選択
012.png
13
013.png
14
014.png
15 Githubを選択
015.png
16
016.png
17 はい
017.png
18
018.png
19 Githubで作成した、delphiが表示されるので、選択し、保存先のパスを指定します
020.png
20 エラー
fatal:destination path 'IN:\Github Push delphi' already exist and is not empty directory.
『空のディレクトリではありません』とでるので、設定までは、プッシュ用のフォルダは、空にしておこないと、いけないようです。
021.png
21 空でないとダメなのようなので、一旦削除
022.png
22 
023.png
23 処理が続行
024.png
24 No
025.png
25 起動します
026.png

26  リモートリポジトリが、設定されています
031.png
27  再度、ローカルに、プッシュする、プロジェクトフォルダをコピー
032.png
28 コピーした、フォルダの内容が、作業ツリーのファイルに表示されます
033.png
29 作業ツリーのファイルのチェックをつけます
034.png
30 Indexにステージしたファイルに移動
035.png
31 Indexにステージしたファイルに移動した状態で、コミットします
036.png
32  エラー
user email
user name
が設定されていません
036-err.png
33 設定からユーザー名 メールアドレス
037.png
34 コミットOK
038.png
35 プッシュを押します
039.png
36 プッシュ先が表示されます
040.png
37 masterにチェックして、OK
041.png
38  プッシュ中
042.png
39  画面が戻り、プッシュ完了(Githubにアップされています)
043.png

Githubの画面をみると
051.png
















その他エラー(リポジトリの名前を間違え場合は、下記のように)
git -c diff.mnemonicprefix=false -c core.quotepath=false push -v --tags --set-upstream a23_github master:master
fatal: repository 'https://github.com/a23/' not found
027-err.png







posted by a23 at 11:59| Comment(0) | GitHub

2016年07月01日

pg_dump

リモートバックアップ

pg_dump -h 192.168.24.64 -p 5432 pg_xx_db xx.backup_file

pg_dump -h 192.168.24.64 -p 5432 -d pg_xx_db -U postgres -W Passwd643 -f xx.bk_file

pg_dump -h 192.168.24.64 -p 5432 -d pg_xx_db -U postgres -f d:\xx.bk_file

pg_dump -h 192.168.24.64 -p 5432 -d pg_xx_db -U postgres -w -f xx.bk_file

pg_dump -h 192.168.24.64 -p 5432 -d pg_xx_db -U postgres -w -v -f xx.bk_file

pg_dump -h 192.168.24.64 -p 5432 -d pg_xx_db -U postgres -F C -w -v -f xx.bk_file


>pg_dump --help
pg_dump dumps a database as a text file or to other formats.

Usage:
  pg_dump [OPTION]... [DBNAME]

General options:
  -f, --file=FILENAME          output file or directory name
  -F, --format=c|d|t|p         output file format (custom, directory, tar,
                               plain text (default))
  -j, --jobs=NUM               use this many parallel jobs to dump
  -v, --verbose                verbose mode
  -V, --version                output version information, then exit
  -Z, --compress=0-9           compression level for compressed formats
  --lock-wait-timeout=TIMEOUT  fail after waiting TIMEOUT for a table lock
  -?, --help                   show this help, then exit

Options controlling the output content:
  -a, --data-only              dump only the data, not the schema
  -b, --blobs                  include large objects in dump
  -c, --clean                  clean (drop) database objects before recreating
  -C, --create                 include commands to create database in dump
  -E, --encoding=ENCODING      dump the data in encoding ENCODING
  -n, --schema=SCHEMA          dump the named schema(s) only
  -N, --exclude-schema=SCHEMA  do NOT dump the named schema(s)
  -o, --oids                   include OIDs in dump
  -O, --no-owner               skip restoration of object ownership in
                               plain-text format
  -s, --schema-only            dump only the schema, no data
  -S, --superuser=NAME         superuser user name to use in plain-text format
  -t, --table=TABLE            dump the named table(s) only
  -T, --exclude-table=TABLE    do NOT dump the named table(s)
  -x, --no-privileges          do not dump privileges (grant/revoke)
  --binary-upgrade             for use by upgrade utilities only
  --column-inserts             dump data as INSERT commands with column names
  --disable-dollar-quoting     disable dollar quoting, use SQL standard quoting
  --disable-triggers           disable triggers during data-only restore
  --enable-row-security        enable row security (dump only content user has
                               access to)
  --exclude-table-data=TABLE   do NOT dump data for the named table(s)
  --if-exists                  use IF EXISTS when dropping objects
  --inserts                    dump data as INSERT commands, rather than COPY
  --no-security-labels         do not dump security label assignments
  --no-synchronized-snapshots  do not use synchronized snapshots in parallel jobs
  --no-tablespaces             do not dump tablespace assignments
  --no-unlogged-table-data     do not dump unlogged table data
  --quote-all-identifiers      quote all identifiers, even if not key words
  --section=SECTION            dump named section (pre-data, data, or post-data)
  --serializable-deferrable    wait until the dump can run without anomalies
  --snapshot=SNAPSHOT          use given snapshot for the dump
  --use-set-session-authorization
                               use SET SESSION AUTHORIZATION commands instead of
                               ALTER OWNER commands to set ownership

Connection options:
  -d, --dbname=DBNAME      database to dump
  -h, --host=HOSTNAME      database server host or socket directory
  -p, --port=PORT          database server port number
  -U, --username=NAME      connect as specified database user
  -w, --no-password        never prompt for password
  -W, --password           force password prompt (should happen automatically)
  --role=ROLENAME          do SET ROLE before dump

If no database name is supplied, then the PGDATABASE environment
variable value is used.

Report bugs to <pgsql-bugs@postgresql.org>.

posted by a23 at 16:47| Comment(0) | PostgreSQL