2016年10月12日

さくらのクラウドに、PostgreSQL9.6 yum install CentOS7 


1. サーバーをシンプルモードで追加(CentOS7 64bit)
003.png

2. CentOSのVersion確認(必須では、ありませんので、必要に応じて、行ってください)
 cat /etc/redhat-release
101.png

3. wgetがないので、インストール
yum install -y wget
102.png

4. wgetで、ダウンロード
103.png
5. 
rpm -ivh pgdg-centos96-9.6-3.noarch.rpm

yum -y install postgresql96-server postgresql96-devel postgresql96-contrib

105.png
6. initdbの実行
/usr/pgsql-9.6/bin/postgresql96-setup initdb
106.png
7. パスワードを設定
passwd postgres
107.png
8. 接続許可設定
108.png
9. 
vi /var/lib/pgsql/9.6/data/pg_hba.conf
vi /var/lib/pgsql/9.6/data/postgresql.conf
109.png
10. PostgreSQLの起動 Firewallの設定
systemctl start postgresql-9.6
firewall-cmd --add-service=postgresql --zone=public --permanent
systemctl restart firewalld
110.png
11. 稼働中のサービスの確認
systemctl list-units --type=service
111.png
12. PostgreSQLのサービス状態
systemctl status postgresql-9.6
112.png

13. psql で、¥l
locateが、 C に。
113.png

initdbのオプションが、はねられようですが、ロケールの違いは、なにで、でているのでしょう?


ローカル機に、GUIでインストール、psql で、¥l
EDB.png

ローカル機に、yumでインストール、psql で、¥l
yum1.png


CREATE DATABASE test2  ENCODING 'UTF8' TEMPLATE template0;

crdb1.png



posted by a23 at 16:47| Comment(0) | PostgreSQL