2018年11月20日

HPE Proliant MicroServer Gen10

HPE MicroServer Gen10 Opteron X3216


BIOSにアクセスするには、HP Proliant serversに対応する標準保証またはサポート契約が必要です。
01.png
02.png





2018/12/10
CentOS6 は インストール可
Gnome DeskTop は解像度800×600表示

Integrated Graphics -> Force






CentOS7 は インストール不可
Gnome DeskTop 表示されず

システム構成図



CentOS7.6で、Gnome インストールはOK 稼働はダメ



redhat7.6 は GUI OK 但し、ログイン後の、無操作での画面ダウンののち、キータッチなどで、画面再描画の場合に動作不良があった


system-config-display
Radion は ダメ


2018/12/04 記事発見
HPE MicroServer Gen10 - Red Hat Enterprise Linux 7.5 OSのインストール後にGUIモードでログインするとサーバーが応答しなくなる

解決策
1.HPE MicroServer Gen10でRed Hat Enterprise Linux 7.5を起動するには、以下の手順を実行します。

2.Red Hat Enterprise Linuxサーバーのブートオプションで「e」を押してgrub2ブートローダーを変更します。
エディターで、次のようなlinuxefi行の最後に「nomodeset」パラメーターを入力します。
linuxefi /vmlinuz-3.10.0-851.el7.x86_64 root=/dev/mapper/fedora-root ro \crashkernel=auto rd.lvm.lv=rhel/root rd.lvm.lv=rhel/swap rhgb quiet nomodeset \ LANG=en_US.UTF-8

3.「Ctrl+X」キーを押すと、サーバーが予期したとおりに起動します。


DSC01538.JPG

DSC01539.JPG
nomodeset
DSC01540.JPG

で、GUI起動はしたが、
GUI から rootで、ログインすると、画面表示されず



HDDは、要FDISK ?





HPE Servers Support & Certification Matrices



BIOS 

Integrated Graphics  Auto → Disabled

BIOSも表示されなくなる

BIOS リセットは

ボタン電池を外して、電源ケーブルを外して、しばらく放置。








hpe microserver gen10 video




2014年2月21日金曜日、午後1時28分 - #Permalink



 
彼らはそこにいます...別のClearOSリポジトリを有効にする必要があります

... yum --enablerepo = clearos-core search postgresql




posted by a23 at 16:13| Comment(0) | 機器

PostgreSQL table backup restore

PostgresSQL
テーブルのみのバックアップとリストア



テーブルのみバックアップ 
(オプション -t)

pg_dump.exe --host 192.168.xx.xxx --port 5432 --username "postgres" --no-password  --format plain --verbose --file "X:\PathName\tbl_001.sql" --table "public.m_tblname" "pg_adtabase_name"

C:\Program Files (x86)\pgAdmin III\1.22\

pg_dump.exe --host 192.168.24.63 --port 5432 --username "postgres" --no-password  --format plain --verbose --file "F:\PathName\TBL_001.SQL" --table "public.m_person" "test1"


CD C:\Program Files\pgAdmin 4\v3\runtime

pg_dump.exe --file "C:\\tpeno2.sql" --host "192.168.24.63" --port "5432" --username "postgres" --no-password --verbose --format=p --table "public.m_person" "test2"


pgAdmin4でテーブルのみバックアップを実行
1.
01.png
2.
02.png
3.
03.png
4.
04.png
5.
C:\Program Files\pgAdmin 4\v3\runtime\pg_dump.exe --file "D:\\tbl1.sql" --host "192.168.24.63" --port "5432" --username "postgres" --no-password --verbose --format=p --table "public.m_person" "test2"
05.png








リストア対象のデータベースに同名のテーブルがある場合は、psqlなどで、対象テーブルを先に削除

drop table tbl_name


テーブルのみリストア処理は、psqlで実行


CD C:\Program Files\pgAdmin 4\v3\runtime

SET PGPASSWORD=Passwd643
psql -h 192.168.24.63 -U postgres -f F:\PathName\TBL_001.backup test1

psql -h 192.168.24.63 -U postgres -f D:\tpeno2.sql test1
rrr.png


posted by a23 at 07:04| Comment(0) | PostgreSQL