2019年10月15日

PostgreSQL12 yum install CentOS6 (2)

PostgreSQL12 yum install CentOS6 (2)


にアクセスして、インストール方法を確認します


(2). バージョンを選択: 12
(3). プラットフォームの選択: CentOS7
(4). アーキテクチャを選択: x86_64
(5). リポジトリRPMをインストールします。
01.png

(6). クライアントパッケージをインストールします。
yum install postgresql12
02-1.png
02-2.png

(7). サーバーパッケージをインストールします。
yum install postgresql12-server
03.png

(8). 必要に応じてデータベースを初期化し、自動開始を有効にします。
標準の /usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdb の代わりに下記でデータベースを初期化します
(標準の/usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdbの手順はこちら)
PGSETUP_INITDB_OPTIONS="-E UTF8 --locale=C" /usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdb
04.png

(9). 起動の設定とPostgreSQLを起動します
systemctl enable postgresql-12
systemctl start postgresql-12
05.png

(10). PostgreSQLのデータベースにアクセスする、バスワードを設定します
su postgres
psql
\l
alter role postgres with password 'Passwd12345'; 
\q
exit
06.png
Encoding  UTF8
Collate     C 
Ctype       C 
                             List of databases
   Name    |  Owner   | Encoding | Collate | Ctype |   Access privileges   
-----------+----------+----------+---------+-------+-----------------------
 postgres   | postgres | UTF8     | C       | C     | 
 template0 | postgres | UTF8     | C       | C     | =c/postgres          +
                |               |             |          |       | postgres=CTc/postgres
 template1 | postgres | UTF8     | C       | C     | =c/postgres          +
                |              |              |          |       | postgres=CTc/postgres

(11). Firewallの設定 5432 port をopenします
vi /etc/sysconfig/iptables
今回の例は、
gedit /etc/sysconfig/iptables
07-1.png
07-2.png


(12). Firewall を再起動
/etc/init.d/iptables restart
08.png

(13). 外部からのアクセスするため、ifconfigで、このサーバーのipアドレスを確認します
この例では、 192.168.24.59 となっています

(14). 外部からのPostgreSQLのデータベースのアクセスを有効にするため
pg_hba.conf
postgresql.conf
の2つのファイルを編集します。(念のため、変更するconfファイルのコピーを取るもよいでしょう)
confファイルの場所がわからない場合、
 find / -name "pg*.conf" -print
で、検索できます

(15). Gnomeを使用している場合は、viだけではなきく、geditも使用できます。
gedit /var/lib/pgsql/12/data/pg_hba.conf
09-1.png
geditが開きます(Windowsのメモ帳のような感じです)
09-2.png
# TYPE  DATABASE        USER            ADDRESS                 METHOD
# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all             all                                     peer
# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            ident
host    all             all             192.168.24.0/24         md5
を追記します
続いて
gedit/var/lib/pgsql/12/data/postgresql.conf
09-3.png
#を外して(コメントアウト)変更します
listen_addresses = '*'
port = 5432

(16). confファイル編集保存後 PostgreSQLの再起動
systemctl restart postgresql-12
10.png

posted by a23 at 18:59| Comment(0) | PostgreSQL

pg_dump: aborting because of server version mismatch

PostgreSQL12
pgAdmin4 v4.13
で、Planでバックアップ

pg_dump: server version: 12.0; pg_dump version: 11.5
pg_dump: aborting because of server version mismatch

001.png



pgAdmin4 v4.14まで、待つ




2019/07/17 v14リリース
OK
v14.png


app.png
---------------------------
Fatal Error
---------------------------
The application server could not be contacted.
---------------------------
OK   
---------------------------
は、再度起動を試みてください。
posted by a23 at 16:15| Comment(0) | PostgreSQL

PostgreSQL12 yum install CentOS7 (2)

PostgreSQL12 yum install CentOS7 (2)


にアクセスして、インストール方法を確認します
01.png

2. バージョンを選択: 12
3. プラットフォームの選択: CentOS7
4. アーキテクチャを選択: x86_64
5. リポジトリRPMをインストールします。
Screenshot from 2019-10-15 10-14-16.png

6. クライアントパッケージをインストールします。
yum install postgresql12
Screenshot from 2019-10-15 10-14-51.png
Screenshot from 2019-10-15 10-15-28.png


7. オションで、サーバーパッケージをインストールします。
yum install postgresql12-server
7.png


8. 必要に応じてデータベースを初期化し、自動開始を有効にします。
標準の /usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdb の代わりに下記でデータベースを初期化します
(標準の/usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdbの手順はこちら)
PGSETUP_INITDB_OPTIONS="-E UTF8 --locale=C" /usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdb
08.png

9. 起動の設定とPostgreSQLを起動します
systemctl enable postgresql-12
systemctl start postgresql-12
09.png
10. PostgreSQLのデータベースにアクセスする、バスワードを設定します
su postgres
psql
\l
alter role postgres with password 'Passwd12345'; 
\q
exit
10.png

Encoding  UTF8
Collate     C 
Ctype       C 
                             List of databases
   Name    |  Owner   | Encoding | Collate | Ctype |   Access privileges   
-----------+----------+----------+---------+-------+-----------------------
 postgres   | postgres | UTF8     | C       | C     | 
 template0 | postgres | UTF8     | C       | C     | =c/postgres          +
                |               |             |          |       | postgres=CTc/postgres
 template1 | postgres | UTF8     | C       | C     | =c/postgres          +
                |              |              |          |       | postgres=CTc/postgres

12. Firewallの設定 5432 port をopenします
firewall-cmd --add-port=5432/tcp --zone=public --permanent
12.png

13. Firewall を再起動
firewall-cmd --reload     
13.png

14. 外部からのアクセスするため、ifconfigで、このサーバーのipアドレスを確認します
この例では、 192.168.24.59 となっています

15. 外部からのPostgreSQLのデータベースのアクセスを有効にするため
pg_hba.conf
postgresql.conf
の2つのファイルを編集します。(念のため、変更するconfファイルのコピーを取るもよいでしょう)
confファイルの場所がわからない場合、
 find / -name "pg*.conf" -print
で、検索できます

15. Gnomeを使用している場合は、viだけではなきく、geditも使用できます。
gedit /var/lib/pgsql/12/data/pg_hba.conf
15.png

geditが開きます(Windowsのメモ帳のような感じです)

# TYPE  DATABASE        USER            ADDRESS                 METHOD
# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all             all                                     peer
# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            ident
host    all             all             192.168.24.0/24         md5
を追記します
16.png

続いて
gedit/var/lib/pgsql/12/data/postgresql.conf
12-03.png

#を外して(コメントアウト)変更します
listen_addresses = '*'
port = 5432
17.png
15. confファイル編集保存後 PostgreSQLの再起動
systemctl restart postgresql-12
18.png


posted by a23 at 10:42| Comment(0) | PostgreSQL