2019年11月28日

2019年11月27日

pgAdmin4 起動せず



ローカル環境 は Windows10


yum -y update

#yum info postgresql

yum -y install postgresql12-server
PGSETUP_INITDB_OPTIONS="-E UTF8 --locale=C" /usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdb

systemctl enable postgresql-12
systemctl start postgresql-12

#sudo -u postgres createuser -P testuser

vi /var/lib/pgsql/12/data/pg_hba.conf
systemctl restart postgresql-12

PgAdmin4のインストール
yum install pgadmin4
vi /usr/lib/python2.7/site-packages/pgadmin4-web/config_local.py

SERVER_MODE = True
DEFAULT_SERVER = '0.0.0.0'

LOG_FILE = '/var/log/pgadmin4/pgadmin4.log'


cd /usr/lib/python2.7/site-packages/pgadmin4-web
python ./setup.py

systemctl enable pgadmin4.service
systemctl start pgadmin4.service

firewall-cmd --add-port=5050/tcp --zone=public --permanent
firewall-cmd --reload


以上で、
ローカル環境 Windows10

http://{サーバのIPアドレス}:5050/

このサイトにアクセスできません

xx.1xx.2xx.xx からの応答時間が長すぎます。


ERR_CONNECTION_TIMED_OUT

# は  あり、なし k2パターンで実行しましましたが、同様でした


1.
001.png
2.
002.png
3.
003.png
4.
004.png
5.
005.png
6.
006.png
7.
007.png
8.
008.png
9.
009.png
10.
011.png
11.
012.png
12.
013.png
13.
014.png
14.
015.png

15. #なしパターン
031.png

posted by a23 at 16:09| Comment(0) | PostgreSQL

2019年11月22日

さくらのクラウド CentOS7 PostgreSQL12 yum install 手順

以下の手順は、さくらのクラウドのアカウントが作成後の手順です。


から コントロールパネルログイン を押します。
01.png
2. さくらのクラウド(IaaS)を押します
02.png
3. +追加 を押します。
03.png
4.  画面右上「 □シンプルモード 」チェックを外して、下にスクロールしていきます。
04.png
5. アーカイブ選択で、 CentOS7 を選択します。
05.png
6. 管理ユーザーのパスワードを入力します
これは、CentOS7にインストールする、rootのパスワードになります。
(例えばcent7pass)とします
06.png
7. 名前と説明は、さくらのクラウドの中(ダッシュボード)とで表示される名前と説明です。
07.png
8. 下にスクロールしていき、 +作成 を押します。
08.png
9. 操作確認のメッセージを確認して、 作成 を押します。
09.png
10. 作成中なので、しばらく待ちます。
10.png
11. ステータスが、すべて成功になれば、 閉じる を押します。
11.png
12. サーバ を押します。
12.png
13. 作成された、サーバが表示されるます。
13.png
14. チェックを付けると、 詳細ボタン が押せるようになります。
14.png
15. 詳細が表示さるので、 コンソール を押して、インストールした、CentOS7にログインして、ここからPostrgrSQL12をyumでインストールしていきます。
15.png
16. 赤丸のあたりをクリックします。
16.png
17. もし、画面が真っ黒なら、上へスクロールします。
17.png
18. login  待ち画面が表示されます。
18.png
19. login で root (位置はずれるかもしれませんが、そのまま入力) でリターンキー。
Password を聞かれるので、6.で入力した管理ユーザーのパスワードを入力します。
(例では cent7pass)です。
19.png


ここからPostgreSQL12のインストール手順です。
入力するコマンドは、以下6行です、ペーストで、クラウドのコンソールに貼り付けができますので、メモって頂くとよいかもです。


yum install postgresql12

yum install postgresql12-server

PGSETUP_INITDB_OPTIONS="-E UTF8 --locale=C" /usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdb

systemctl enable postgresql-12

systemctl start postgresql-12



20.  ペースト を押します。
20.png
21. 文字列 を押します。
21.png
22. 開いた ペーストウィンドゥ の 文字列に
を張り付けて、ペーストを押します。
22.png
23. コンソールに、入力されるので、リターンキー を押します。
23.png
24. yum が実行されて、確認の問い合わせがあるので、 y を入力します。
もし、画面のスクロールずとまったら、下にスクロールさせてください。
24.png
25. Complete! が、表示されていれば成功です。
25.png
26. 続いて、ペースト から
yum install postgresql12
26.png
27. リターンキーを押します。
27.png
28. 確認の問い合わせがあるので、 y を入力します。
28.png
29. 確認の問い合わせがあるので、 y を入力します。
29.png
30. Complete! が、表示されていれば成功です。
30.png
31. 続いて ペースト から
yum install postgresql12-server
31.png
32. 確認の問い合わせがあるので、 y を入力します。
32.png
33. Complete! が、表示されていれば成功です。
33.png
34. ここで、ロケールを C 変更するため、Linux downloads (Red Hat family) のサイトにある
/usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdb
PGSETUP_INITDB_OPTIONS="-E UTF8 --locale=C" /usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdb
に変更します

( ロケール C にこだわらない場合は)
『/usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdb で初期化を行うと、ja_JP.UTF8となりますが、特に問題はないと思います』
34.png
35.
35.png
36. 続いて ペースト から
systemctl enable postgresql-12
36.png
37.
37.png
38. 続いて ペースト から
systemctl start postgresql-12
38.png
39.
39.png
40.続いて ペースト から
su postgres
40.png
41. コマンドは直接入力でも構いません、(上記は少し文字列が長いので、コピーペーストで使用しました)
psql と入力
41.png
42. psql に接続されました
\lで、ロケールの確認ができます。
42.png
43.
43.png
44.
44.png
45.
45.png
46.
46.png
47.
47.png
48.
48.png




12. Firewallの設定 5432 port をopenします
firewall-cmd --add-port=5432/tcp --zone=public --permanent

13. Firewall を再起動
firewall-cmd --reload     



15. 外部からのPostgreSQLのデータベースのアクセスを有効にするため
pg_hba.conf
postgresql.conf
の2つのファイルを編集します。(念のため、変更するconfファイルのコピーを取るもよいでしょう)
confファイルの場所がわからない場合、
 find / -name "pg*.conf" -print
で、検索できます

vi /var/lib/pgsql/12/data/pg_hba.conf
host    all             all             192.168.24.0/24         md5
host    all             all             自分のIPアドレス/24       md5
自分のIPアドレス
を追記します

続いて
vi /var/lib/pgsql/12/data/postgresql.conf

#を外して(コメントアウト)変更します
listen_addresses = '*'
port = 5432


alter role postgres with password 'dbPasswd123'; 


15. confファイル編集保存後 PostgreSQLの再起動
systemctl restart postgresql-12





Pythonのサンプルはこちらを参考にさせていただきました。



posted by a23 at 14:34| Comment(0) | PostgreSQL