2021年03月11日

Zabbix

CentOS8


1.
# sed -i -e "s/^SELINUX=enforcing$/SELINUX=disabled/g" /etc/selinux/config 
# systemctl reboot
以下のコマンドを実行し、SELinuxが無効化(Disabled)されていることを確認します。

# getenforce 
Disabled

2.
データベース
PostgreSQL

MySQL

Mariadb
# dnf install mariadb mariadb-server
# systemctl start mariadb
# systemctl enable mariadb
# /usr/bin/mysql_secure_installation

4.

ファイアウォールの設定
# firewall-cmd --add-port=10051/tcp --zone=public --permanent
# firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
# firewall-cmd --reload

5.
PHPのインストール・設定
 dnf install php php-fpm

 # vi /etc/php.ini
date.timezone ="Asia/Tokyo"

3.
Webサーバー
Nginx
ZabbixでフロントエンドをNginxにする場合、Zabbixセットアップ時に同時インストールされる模様です。

Apache
   # dnf install httpd


6.Zabbix5のインストール
リポジトリをインストール

dnfキャッシュをクリア
# dnf clean all


Zabbix5 + PostgrESQLのインストール

Zabbix5 + MySQL のインストール
# dnf install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-apache-conf zabbix-agent




Zabbix5のインストール
Zabbixのrpmパッケージのインストール

7.
Zabbixサーバ・エージェントのインストール

8.
スキーマの作成・Zabbix用データベースの設定

9.
Nginx、PHP-FPM、Zabbixの設定

10.

Zabbixサーバ、エージェント等の起動



posted by a23 at 12:15| Comment(0) | zabbix

2021年03月04日

pgAdmin 4 v5.0 (released Feb. 25, 2021)

pgAdmin 4 v4.30 (released Jan. 28, 2021) から 32bitが、無くなっています。

Delphi / FireDACで、PostgreSQLに2層接続する場合に、必要な最低限のdll


pgAdmin 4 v5.0 のrutimeから取得できます

libcrypto-1_1-x64.dll
libpq.dll
libssl-1_1-x64.dll
zlib.dll

01.png
posted by a23 at 11:29| Comment(0) | FireDAC