2016年09月28日

PostgreSQLのバックアップ&リストアの初歩的に手順について

pg_dump
pg_restoreを使用して、のバックアップ&リストアで、


下記のような、運用で、pg_dumpで、バックアップを取得


192.168.1.66のPosygreSQLサーバー
バックアップは、Windows Clientへ、pg_dump
bk_001.png


pg_dump -Fc -c -h 192.168.24.66 -d testdb2 -p 5432 -U postgres -f D:\tdb2.backup
dump1.png




運用中の192.168.1.66の機器が故障
192.168.1.97を新たに構築、tdb2.backupを、testdb20として、リストアしたい。
bk_002.png


pg_restore.exe --host 192.168.24.64 --port 5432 --username "postgres" --create --dbname "testdb20" --verbose "D:\tdb2.backup"
dump21.png
エラー
pg_restore: connecting to database for restore
pg_restore: [archiver (db)] connection to database "testdb20" failed: FATAL:  database "testdb20" does not exist
データベースごと、リストアしたいのですが、 "testdb20" がありません、と警告されます。

 --create は、バックアップしたときの、データベースが作成されるようなので、
pg_dump -Fc -c -h 192.168.24.66 -d testdb2 -p 5432 -U postgres -f D:\testdb2.backup
pg_restore.exe --host 192.168.24.64 --port 5432 --username "postgres" --create --verbose "D:\testdb2.backup"
dp01.png
動作しているようなのですが、リストアされません。
dp02.png


あらかじめ、引越し先サーバーに、t2 データベースを作成し、
pg_restore -h 192.168.24.64 -p 5432 -U postgres -d t20 -v D:\testdb2.backup
で、リストアはOK。


移行先サーバーに、まるごとリストアとい場合、
pg_restore -h 192.168.24.64 -p 5432 -U postgres -C -v D:\testdb2.backup
dp03.png
リストアは、できていない。

tarにしてみる
pg_dump -Ft -c -h 192.168.24.66 -d testdb2 -p 5432 -U postgres -f D:\testdb2.tar
pg_restore -h 192.168.24.64 -p 5432 -U postgres -C -v D:\testdb2.tar
リストアは、できていない。




















posted by a23 at 18:36| Comment(0) | PostgreSQL
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: