2018年02月21日

AWS EC2 Amazon Linux + Firebird2.5.8 Classic(64bit)インストール手順(3)

Puttyによる、SSHポートフォワーディング(トンネリング)の接続後に、Windows10 の IBConsoleから、Firebird2.5.8 Classicserverに接続と操作の実行


1. sjisでテストしますので、ibc_ansi_rel98_win32_ja の IBConsole を起動します
(この時 gds32.dllのバージョンは、サーバーと合わせておいたほうが、いいかもしれません)
サーバ → サーバーの登録を選択
9.png
2. サーバの登録と接続で、リモートに、チェックして、
サーバ名を、127.0.0.1 (自分)とします。
エリアス名 / 説明 を任意に入力して、
ユーザ名 SYSDBA
パスワード masterkey を入力して OK  (インストール手順(2)で決めたFirebirdのパスワードです)
10.png

    要求されたサーバにログインできません
    11-err.png
    Unable to complete network request to host "127.0.0.1".
    Failed to establish a connection.
    ("127.0.0.1"をホストするネットワーク要求を完了できません。
    接続の確立に失敗しました)
    IB_ER01.png
    <このような、エラーの場合、AWS EC2インスタンスを再起動して、再度Puttyで、接続すると、接続OK となる場合もあるようです>
    029reboot.bmp

    <接続はされているが、Puttyによる、SSHポートフォワーディング(トンネリング)の設定が間違っている場合もあります、一度接続されれば、そう問題ないと思いますが、接続に失敗すると、嵌まるケースもあると思うので、ゆっくり行ってください>

3. Firebird2.5.8 に接続されたら、ファイル、エリアス、ユーザ名、パスワード、デフォルト文字コードセットを入力します。
手順(2)のisqlで作成した、データベースに接続します。
12.png
    要求されたサーバにログインできません
    となる場合は、データベースフォルダのアクセス権限が、出来ていません。
    13.png
    データベースアクセス用フォルダの権限の設定(isqlでの実行時は、必要のようです)
    sudo chown -R firebird.firebird /var/fdb258cs
    14.png
4.
031.png

5.

032.png

6.

033.png

7.
034.png

8. 動作確認をします、ここからは、ご自由に、ご自身で、テストしてください。
一例として、インタラクティブSQLで、テーブルを作成し、郵便番号CSVをダウンロードして、インポートして、データを表示します。

CREATE TABLE ZIP_1
(
FLD_A Char( 6),
FLD_B Char( 5),
FLD_C Char( 7),
FLD_D Char(10),
FLD_E Char(80),
FLD_F Char(80),
FLD_G Char(10),
FLD_H Char(50),
FLD_I Char(100),
FLD_J Char( 1),
FLD_K Char( 1),
FLD_L Char( 1),
FLD_M Char( 1),
FLD_N Char( 1),
FLD_O Char( 1) 
)
035.png
9. csvimp.exeで、郵便番号CSVをインポートしてみます
041.png
10. CSVインポートツールの起動
042.png
11. 項目の設定

サーバ名     127.0.0.1
データベース   /var/fdb258cs/T1SJIS.FDB
文字コードセット SJIS_0208
SQLダイアレクト 3
次へ
043.png
12. ユーザー名とパスワードを聞かれるので、Firebirdの SYSDBA masterkey でOK
044.png
13. 接続先のテーブルが表示されるようなります
045.png
14. テーブルを選択して、次へ
046.png
15. インポートするCSVファイルを指定します
047.png
16. 選択後、完了
048.png
17. インポート中
049.png
18. 完了
050.png
19. インタラクティブSQLで、 select * from zip_1 
文字化けなどが、ご確認下さい。
051.png

UTF8/unicode_fssは、ibc_unicode_rel62_win32_jaのIBConsoleで、実行してください。
utf8.png

csvimp.exeを使用する場合の注意
ansi版(sjijs_0208など)
unicode版(utf8 / unicode_fssなど)
実行ファイルがで同名なため、セットアップ時に、上記画面のように、名称を変えて、セットしておくと、便利かと思います。
UTF8/unicode_fssで、動作確認いたしました。



-----------------------------------------
行: 2 で読み込みエラーが発生しました。
-----------------------------------------
OK   
---------------------------
err2.png
csvimpとIBConsoleの文字コードセットが合致していない状態で、実行すると、が表示されエラーとなると思います。



posted by a23 at 19:40| Comment(0) | Firebird
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: