2013年12月12日

Firebird2.5.2 Classic + CentOS6.5

Firebird2.5.2 32bit Classic + CentOS6.5 GUI Install
1 Downloadします
cs001.png
2 右クリックからパッケージインストーラーで開く を選択します。
cs002.png
3 とにかく続ける。
cs003.png
4 インストール。
cs004.png
5 インストール。(不足のモジュールなどが選択されています)
cs005.png
6 yum -y install xinetd(先にインストールしてもOK)
cs006.png
7 サービスからxinetdを起動(Firebirdは、起動していません)
fbstop.png
cs010.png
8 xinetdが起動すると、Firebirdのサービスも起動します
cs011.png
9 Firebirdのサービスが起動しています。
cs012.png
10 ISQLを起動
cs013.png

11 DBアクセス用の権限(パーミッション)を設定します。
cs021.png
12
cs022.png
13
cs023.png
14
cs024.png
15
cs025.png
16
cd /opt/firebird/bin
./isql -u sysdba -p masterkey;
create database '/var/FDB/TS_UTF8.FDB'
user 'SYSDBA' password 'masterkey'
page_size = 8192
default character set utf8;
cs031.png
cs032.png



IBConsoleからの接続OK

posted by a23 at 09:56| Comment(0) | Firebird
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。