2018年02月21日

AWS EC2 Amazon Linux + Firebird2.5.8 Classic(64bit)インストール手順(1)

AWS EC2 の Amazon Linux に Firebird2.5.8 Classic(64bit)をインストール
AWSのアカウント作成後に行ってください。

.AWS EC2 Amazon Linux + Firebird2.5.8 Classic(64bit)インストール手順(1)
 Amazon Linux の起動
 Puttyによる、Windows10から、SSHポートフォワーディングの接続設定と接続後、Firebird2.5.8 Classicserver(64bit)のインストール
 SSHポートフォワーディングの接続後に、Windows10 の IBConsoleから、接続と操作の実行
 PLINKによる、SSHポートフォワーディングの接続
.AWS EC2 Amazon Linux + Firebird2.5.8 Classic(64bit)インストール手順(5)
 SSHポートフォワーディングの接続後に、Windows10 の A5SQLから、接続と操作の実行

インストール手順(1)
1. ログイン
001.png
2. EC2を選択
002.png
3. インスタンスの作成
003-インスタンス作成.png
4. 無料利用枠のみにチェック(たぶん登録後の無料期間だけだと思いますが)
004.png
5. t2.micro
005.png
6. セキュリティグループの編集
006.png
7. SSH ポート22 で、確認と作成 を押す
007.png

8. 作成 を押す
008.png
9. SSHで使用する、キーペアの作成
010.png
10. 新しいキーペアを選択して、キーの名前(任意)を、入力
011.png
11. キーペアのダウンロード
012.png
12. ブラウザによりダウンロードの表示と場所は異なると思いますが、ご自身で把握してください
013.png
13. インスタンスの作成
014.png
14. インスタンスの表示
015.png
15. ステータスチェックが初期化中なので、しばらく待ちます
016.png
16. 下のタブでもステータスチェックが確認できます
017.png
17. システムの接続性チェックに合格しました
インスタンスの接続性チェックに合格しました
018.png
パブリック DNS: の
ec2-user@ec2-xx-xx-xx-xx.ap-northeast-x.compute.amazonaws.com
を控えておきます、これが、エンドポイント(接続先)となります

これで、AWS EC2の設定は完了です。

posted by a23 at 19:08| Comment(0) | Firebird

2018年02月20日

CentOS7 + FirebirdCS-2.5.8 ソースからインストール

rpm -ihv FirebirdCS-2.5.8.27089-0.amd64.rpm
-----------------Err
rpm -ihv FirebirdCS-2.5.8.27089-0.amd64.rpm
準備しています...              ################################# [100%]
    ファイル / (パッケージ FirebirdCS-2.5.8.27089-0.amd64 から) は、パッケージ filesystem-3.2-21.el7.x86_64 からのファイルと競合しています。
    ファイル /usr/lib64 (パッケージ FirebirdCS-2.5.8.27089-0.amd64 から) は、パッケージ filesystem-3.2-21.el7.x86_64 からのファイルと競合しています。
[root@localhost src]#
-----------------Err


yum -y install libstdc++.so.5
yum -y install libncurses.so.5
yum -y install libstdc++.so.6

yum -y install xinetd

--systemctl -t service list-unit-files
systemctl start xinetd
--systemctl status xinetd

cd /usr/local/src
wget https://github.com/FirebirdSQL/firebird/releases/download/R2_5_8/FirebirdCS-2.5.8.27089-0.amd64.rpm


--------------------sonota download
https://github.com/FirebirdSQL/firebird/releases/download/R2_5_8/FirebirdSS-2.5.8.27089-0.amd64.rpm

32bit
https://github.com/FirebirdSQL/firebird/releases/download/R2_5_8/FirebirdCS-2.5.8.27089-0.i686.rpm

https://github.com/FirebirdSQL/firebird/releases/download/R2_5_8/FirebirdSS-2.5.8.27089-0.i686.rpm
--------------------sonota download

wget https://github.com/FirebirdSQL/firebird/releases/download/R2_5_8/FirebirdCS-2.5.8.27089-0.amd64.tar.gz

tar zxvf FirebirdCS-2.5.8.27089-0.amd64.tar.gz
cd FirebirdCS-2.5.8.27089-0.amd64
./install.sh
Press enter to start installation or C to abort で、enterkeyで進みます。
パスワードを設定します、ここでは、masterkey と入力。
Install completed で完了。


データベースアクセス用フォルダの権限の設定、(fdb156ssというフォルダを作成)
mkdir /var/fdb258cs
chown -R firebird.firebird /var/fdb258cs

cd /opt/firebird/bin
./isql -u sysdba -p masterkey
CREATE DATABASE '/var/fdb258cs/TEST1.FDB' page_size 8192  default character set sjis_0208;
CREATE DATABASE '/var/fdb258cs/TEST2.FDB' page_size 8192  default character set utf8;

exit;


ls  /var/fdb258cs


Firewall 3050 port をopen
firewall-cmd --add-port=3050/tcp --zone=public --permanent
firewall-cmd --reload 



ls /usr/lib/systemd/system/
Firebirdを起動
service xinetd restart





インスタンス ID
i-0bce1d95156b1d2df


パブリック DNS (IPv4)
ec2-54-638-53-44.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com
インスタンスの状態
running
IPv4 パブリック IP
54.268.28.54
インスタンスタイプ
t2.micro
IPv6 IP
-
Elastic IP
プライベート DNS
ip-172-41-58-191.ap-northeast-1.compute.internal
アベイラビリティーゾーン
ap-northeast-1a
プライベート IP
172.31.30.191
セキュリティグループ
launch-wizard-1. ルールの表示


ec2-user@ec2-54-448-23-66.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com


AWS EC2 コマンド体系はCentOS6系
セキュリティグループ
キーペアの作成
Puttygen
Putty
ポートフォワーディングで接続
3050
xxxx:3050



sudo yum -y install libstdc++.so.5
sudo yum -y install libncurses.so.5
sudo yum -y install libstdc++.so.6

sudo yum -y install xinetd


sudo vi /etc/sysconfig/iptables

# Manual customization of this file is not recommended.
*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
-A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A INPUT -p icmp -j ACCEPT
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 3050 -j ACCEPT
-A INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
-A FORWARD -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
COMMIT

sudo /etc/init.d/iptables restart

cd /usr/local/src



sudo tar zxvf FirebirdCS-2.5.8.27089-0.amd64.tar.gz
cd FirebirdCS-2.5.8.27089-0.amd64

sudo ./install.sh

sudo mkdir /var/fdb258cs
sudo chown -R firebird.firebird /var/fdb258cs

cd /opt/firebird/bin
sudo ./isql -u sysdba -p masterkey

CREATE DATABASE '/var/fdb258cs/TEST1.FDB' page_size 8192  default character set sjis_0208;
CREATE DATABASE '/var/fdb258cs/TEST2.FDB' page_size 8192  default character set utf8;


ls  /var/fdb258cs


          
posted by a23 at 15:33| Comment(0) | Firebird

2018年02月15日

CentOS7 + FirebirdCS-1.5.6 ソースからインストール

CentOS7 + FirebirdCS-1.5.6.5026-0.i686.tar.gz ソースからインストール

1.  Classicserverのソースをダウンロード
cd /usr/local/src

01.png
2.
--------------------------
yum -y update
--------------------------
3. 不足のライブラリをインストール
---------------------------------
yum -y install libstdc++.so.5
---------------------------------
4.
---------------------------------
yum -y install libncurses.so.5
---------------------------------
5.
---------------------------------
yum -y install libstdc++.so.6
---------------------------------
6.  xinetdをインストール
------------------------
yum -y install xinetd
02.png

systemctl -t service list-unit-files
systemctl start xinetd
systemctl status xinetd
03.png



------------------------


tar zxvf FirebirdCS-1.5.6.5026-0.i686.tar.gz
ls
05.png




cd FirebirdCS-1.5.6.5026-0.i686
./install.sh
Press enter to start installation or C to abort で、enterkeyで進みます。
06.png



パスワードを設定します、ここでは、masterkey と入力。
08.png



Install completed で完了。
09.png


9. データベースアクセス用フォルダの権限の設定、(fdb156ssというフォルダを作成)
-------------------------------------------------
mkdir /var/fdb156cs
chown -R firebird.firebird /var/fdb156cs
10.png



---------------
cd /opt/firebird/bin
./isql -u sysdba -p masterkey
CREATE DATABASE '/var/fdb156cs/TEST1.FDB' page_size 8192  default character set sjis_0208;
exit;
12.png
13. データベースが作成できているか、確認します。
--------------------
ls  /var/fdb156cs
--------------------
13.png

Firewall 3050 port をopen
firewall-cmd --add-port=3050/tcp --zone=public --permanent
firewall-cmd --reload

Windows Clientからは、Superserverと同様に、GUI IBConsoleで、操作が可能です。


クライアントからは、DEKOさんのIBConsoleで、接続してみます
を参照してください



posted by a23 at 11:07| Comment(0) | Firebird