2018年02月14日

CentOS7 + FirebirdCS-1.5(filesystem-3.2-21.el7.x86_64 からのファイルと競合)


CentOS7 + FirebirdCS-1.5.6 rpmでのインストールは、エラー。


rpm -ihv FirebirdCS-1.5.6.5026-0.i686.rpm
準備しています...              ################################# [100%]
    ファイル / (パッケージ FirebirdCS-1.5.6.5026-0.i686 から) は、パッケージ filesystem-3.2-21.el7.x86_64 からのファイルと競合しています。
    ファイル /usr/lib (パッケージ FirebirdCS-1.5.6.5026-0.i686 から) は、パッケージ filesystem-3.2-21.el7.x86_64 からのファイルと競合しています。

01.png





続きを読む
posted by a23 at 09:45| Comment(0) | Firebird

2018年02月10日

CentOS6.9 + Firebird1.5.6 Classicserver install

CentOS6.9 は、gnomeデスクトップで、rpmで、インストール(おもにGUIで、操作可能)
rootでログインした状態からスタート

CentOS6.9 + Firebird1.5.6 Superserver install と手順は、ほぼ同じすが、xinetdのインストールと、xinetdの起動が、追加される手順手なります。
インストール以降、クライアントからのGUI操作等は、同様です。

1. 
--------------------------
cat /etc/redhat-release
arch
--------------------------
001.png
2.
--------------------------
yum -y update
--------------------------
002.png
3. 不足のライブラリをインストール
---------------------------------
yum -y install libstdc++.so.5
---------------------------------
004.png  
4.
---------------------------------
yum -y install libncurses.so.5
---------------------------------
005.png
5.
---------------------------------
yum -y install libstdc++.so.6
---------------------------------
006.png


6.  xinetdをインストール
------------------------
yum -y install xinetd
------------------------
01.png

6. セットアップ用のrpmを、サイトからダウンロードまたは、コマンドラインから
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
01.png

7. サイトからダウンロードした場合は、/root/ダウンロードに、FirebirdCS-1.5.6.5026-0.i686.rpmがダウンロードされていることを確認します。
------------------------
cd /root/ダウンロード
ls
------------------------
07.png
8. rpm でインストール
-------------------------------------------------
rpm -ihv FirebirdCS-1.5.6.5026-0.i686.rpm
-------------------------------------------------
08.png


9. データベースアクセス用フォルダの権限の設定、(fdb156ssというフォルダを作成)
-------------------------------------------------
mkdir /var/fdb156cs
chown -R firebird.firebird /var/fdb156cs
-------------------------------------------------
09.png

10.GUIで、xinetdの起動 管理→サービス
02.png
サービスの設定の下方へ移動
03.png
xinetdを選択
04.png
有効を押す
05.png
xinetdがグリーンになっていることを確認して、開始を押す
06.png
xinetdが起動
07.png
Firebirdも起動
08.png


10. 初期パスワードの取得
----------------------------------------
cat /opt/firebird/SYSDBA.password
----------------------------------------
ISC_PASSWORD=に、初期パスワードが、記述されています。
10.png
11. 初期パスワードを、masterkeyに変更(変更せずに使用する場合は、不要)
cd /opt/firebird/bin
./gsec -user SYSDBA -password old-pass(初期パスワード)
modify SYSDBA -pw new-pass(新しく設定するパスワード)
の手順てなるので、ここでは
-----------------------------------------------
cd /opt/firebird/bin
./gsec -user SYSDBA -password YDeAFJBG
modify SYSDBA -pw masterkey
quit
-----------------------------------------------
12.png
12. テストでデータベースを作成してみます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
./isql -u sysdba -p masterkey
CREATE DATABASE '/var/fdb156ss/TEST1.FDB' page_size 8192  default character set sjis_0208;
exit;
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
13.png
13. データベースが作成できているか、確認します。
--------------------
ls  /var/fdb156ss
--------------------
posted by a23 at 15:58| Comment(0) | Firebird

2018年02月09日

CentOS6.9 + Firebird1.5.6 Superserver install

CentOS6.9 は、gnomeデスクトップで、rpmで、インストール(おもにGUIで、操作可能)
rootでログインした状態からスタート

1. 念ためバージョンの確認
--------------------------
cat /etc/redhat-release
arch
--------------------------
001.png
2.
--------------------------
yum -y update
--------------------------
002.png
3. 不足のライブラリをインストール
---------------------------------
yum -y install libstdc++.so.5
---------------------------------
004.png  
4.
---------------------------------
yum -y install libncurses.so.5
---------------------------------
005.png
5.
---------------------------------
yum -y install libstdc++.so.6
---------------------------------
006.png
6. セットアップ用のrpmを、サイトからダウンロードまたは、コマンドラインから
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
007SS.png
7. サイトからダウンロードした場合は、/root/ダウンロードに、FirebirdSS-1.5.6.5026-0.i686.rpmがダウンロードされていることを確認します。
------------------------
cd /root/ダウンロード
ls
------------------------
008.png
8. rpm でインストール
-------------------------------------------------
rpm -ihv FirebirdSS-1.5.6.5026-0.i686.rpm
-------------------------------------------------
009.png
9. データベースアクセス用フォルダの権限の設定、(fdb156ssというフォルダを作成)
-------------------------------------------------
mkdir /var/fdb156ss
chown -R firebird.firebird /var/fdb156ss
-------------------------------------------------
021.png
10. 初期パスワードの取得
----------------------------------------
cat /opt/firebird/SYSDBA.password
----------------------------------------
ISC_PASSWORD=に、初期パスワードが、記述されています。
022.png
11. 初期パスワードを、masterkeyに変更(変更せずに使用する場合は、不要)
cd /opt/firebird/bin
./gsec -user SYSDBA -password old-pass(初期パスワード)
modify SYSDBA -pw new-pass(新しく設定するパスワード)
の手順てなるので、ここでは
-----------------------------------------------
cd /opt/firebird/bin
./gsec -user SYSDBA -password d9bkvJfY
modify SYSDBA -pw masterkey
quit
-----------------------------------------------
024.png
12. テストでデータベースを作成してみます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
./isql -u sysdba -p masterkey
CREATE DATABASE '/var/fdb156ss/TEST1.FDB' page_size 8192  default character set sjis_0208;
exit;
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
011.png
13. データベースが作成できているか、確認します。
--------------------
ls  /var/fdb156ss
--------------------
012.png
作成したデータベースが表示されていれば、OK。
14. 管理→ファイアウォールから、Firewallの設定、標準の3050ポートをオープンします。(GUIでの手順)
031.png
15. 閉じるを押します。
032.png
16.その他のポートで、追加
033.png
17. ユーザー定義にチェックをつけて、ポートに 3050 を入力してOK
036.png
18. gds_dbが追加されます
037.png
19. エディターで、3050ポートをオープンする方法 (14.-18.と重複処理です。)
(vi /etc/sysconfig/iptables が多いと思いますが、GUIで、あえて、geditを使用します)
---------------------------------
gedit /etc/sysconfig/iptables 
---------------------------------
051.png

20.  Firewallの再起動
------------------------------
/etc/init.d/iptables/restart
------------------------------
053.png


21. IPアドレスの確認と、固定化
ifconfig で、現在のアドレスを確認 192.168.24.63 となっています。
041.png
22. 設定→ネットワーク接続
042.png
23. 編集
043.png
24. IPv4のセッティング (初期では、DHCPになっています)
045.png
25. 手動に変更し、追加を押して、たとえば、192.168.24.67 ネットマスクは、24 で適用とします
047.png
26. ネットワークを再起動する
-----------------------------------
/etc/rc.d/init.d/network restart
-----------------------------------
ifconfigで、変更した、192.168.24.67アドレスになっていれば、このアドレスで、固定となります。
(再起動のコマンドが面倒な方は、設定完了後にOSを再起動すると、ネットワーク/ファイアウォールも再起動となります)
054.png

ここまでで、
サーバーのIP : 192.198.24.67
データベース : /var/fdbss/TEST.FDB (SJIS_0208)
ユーザー     : SYSDBA
パスワード  : masterkey
で、設置完了です。

クライアントからは、DEKOさんのIBConsoleで、接続してみます
1. Interbase/Firebird サーバ をクリックします
01.png
2.  サーバの登録と接続
02.png
3. 必要な項目を入力していきます
 リモートにチェック
 サーバ名に、上記の 192.168.24.67  (上記サーバで、きめたアドレス)
 ネットワークプロトコルは、 TCP
 エリアス名 CentOSのFb156Superサーバー (ご自身で決めてください)
 説明 さーばーの説明(ご自身で決めてください)
 エリアス情報にチェック
 ユーザ名  SYSDBA
 パスワード masterkey   (上記サーバで、きめたパスワード)
OK

03.png
4. 接続されると、下記のように表示されます
04.png
5 データベースで、右クリック→データベースの登録と接続
05.png
6. 必要な項目を入力していきます
 ファイル に上記isqlで作成した、/var/fdb156ss/TEST1.FDB 
 エリアス 通常ファイルと、同じ表示となりますが、変更してもOKです
 エリアス情報を保存するにチェック
 ユーザ名  SYSDBA
 パスワード masterkey   (上記サーバで、きめたパスワード)
 デフォルト文字コードセットを、(上記サーバで、きめたSJIS_0208に)
06.png
7. 作成したデータベースに接続
07.png

8. IBConsole上から、新規にデータベースを作成
データベースで、右クリック→データベースの作成
11.png
9.データベースの作成
12.png
10. 必要な項目を入力していきます
 ファイル名 /var/fdb156ss/t2.fdb
 ページサイズ 選択
 デフォルト文字コード 選択
13.png
11.
 SQLダイアレクト 3
 データベースを登録にチェック
 デフォルト文字コード SJIS_0208
 エリアス t2 (ご自身で決めてください)
OK
14.png
12. 作成されました
15.png



posted by a23 at 15:23| Comment(0) | Firebird