2019年10月15日

PostgreSQL12 yum install CentOS7 (2)

PostgreSQL12 yum install CentOS7 (2)


にアクセスして、インストール方法を確認します
01.png

2. バージョンを選択: 12
3. プラットフォームの選択: CentOS7
4. アーキテクチャを選択: x86_64
5. リポジトリRPMをインストールします。
Screenshot from 2019-10-15 10-14-16.png

6. クライアントパッケージをインストールします。
yum install postgresql12
Screenshot from 2019-10-15 10-14-51.png
Screenshot from 2019-10-15 10-15-28.png


7. オションで、サーバーパッケージをインストールします。
yum install postgresql12-server
7.png


8. 必要に応じてデータベースを初期化し、自動開始を有効にします。
標準の /usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdb の代わりに下記でデータベースを初期化します
(標準の/usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdbの手順はこちら)
PGSETUP_INITDB_OPTIONS="-E UTF8 --locale=C" /usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdb
08.png

9. 起動の設定とPostgreSQLを起動します
systemctl enable postgresql-12
systemctl start postgresql-12
09.png
10. PostgreSQLのデータベースにアクセスする、バスワードを設定します
su postgres
psql
\l
alter role postgres with password 'Passwd12345'; 
\q
exit
10.png

Encoding  UTF8
Collate     C 
Ctype       C 
                             List of databases
   Name    |  Owner   | Encoding | Collate | Ctype |   Access privileges   
-----------+----------+----------+---------+-------+-----------------------
 postgres   | postgres | UTF8     | C       | C     | 
 template0 | postgres | UTF8     | C       | C     | =c/postgres          +
                |               |             |          |       | postgres=CTc/postgres
 template1 | postgres | UTF8     | C       | C     | =c/postgres          +
                |              |              |          |       | postgres=CTc/postgres

12. Firewallの設定 5432 port をopenします
firewall-cmd --add-port=5432/tcp --zone=public --permanent
12.png

13. Firewall を再起動
firewall-cmd --reload     
13.png

14. 外部からのアクセスするため、ifconfigで、このサーバーのipアドレスを確認します
この例では、 192.168.24.59 となっています

15. 外部からのPostgreSQLのデータベースのアクセスを有効にするため
pg_hba.conf
postgresql.conf
の2つのファイルを編集します。(念のため、変更するconfファイルのコピーを取るもよいでしょう)
confファイルの場所がわからない場合、
 find / -name "pg*.conf" -print
で、検索できます

15. Gnomeを使用している場合は、viだけではなきく、geditも使用できます。
gedit /var/lib/pgsql/12/data/pg_hba.conf
15.png

geditが開きます(Windowsのメモ帳のような感じです)

# TYPE  DATABASE        USER            ADDRESS                 METHOD
# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all             all                                     peer
# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            ident
host    all             all             192.168.24.0/24         md5
を追記します
16.png

続いて
gedit/var/lib/pgsql/12/data/postgresql.conf
12-03.png

#を外して(コメントアウト)変更します
listen_addresses = '*'
port = 5432
17.png
15. confファイル編集保存後 PostgreSQLの再起動
systemctl restart postgresql-12
18.png


posted by a23 at 10:42| Comment(0) | PostgreSQL

2019年10月13日

pgAdmin4 外部からの接続エラー 原因と対処

パターン1.
プロパティの保存中にエラーが発生しました
Unable to connect to server:
could not connect to server: Connection timed out (0x0000274C/10060)
Is the server running on host "192.168.24.59" and accepting
TCP/IP connections on port 5432?


サーバーに接続できません:
サーバーに接続できませんでした:接続がタイムアウトしました(0x0000274C / 10060)
サーバーはホスト "192.168.24.59"で実行され、受け入れていますか
ポート5432でのTCP / IP接続?
001.png
原因として考えられること
 接続したいサーバーのポートが開いていない(OSで対処する)
 接続したいサーバーのpg_hba.confとpostgresql.confで接続許可がされていない(PostgreSQLで対処する)



パターン2.
プロパティの保存中にエラーが発生しました
Unable to connect to server:
fe_sendauth: no password supplied

サーバーに接続できません:
fe_sendauth:パスワードが指定されていません
002.png

原因として考えられること
 接続したいサーバーのPostgreSQLのパスワードか設定されていない(PostgreSQLで対処する)



パターン3.
プロパティの保存中にエラーが発生しました

Unable to connect to server:
FATAL: password authentication failed for user "postgres"

003.png

原因として考えられること
 接続したいサーバーのPostgreSQLのパスワードがまちがっている(クライアントで対処するか、サーバーのPostgreSQLのパスワードを変更する)




posted by a23 at 12:54| Comment(0) | PostgreSQL

PostgreSQL12 dnf install CentOS8 (1)

2019/10/13 時点で
CentOS 8.0.1905  に PostgreSQL12 のインストールを試みて、
一致した引数がありません: postgresql12
エラー: 一致するものが見つかりません

のエラーとなりました。

で質問を投稿、ご回答いただき(下記2行)、dnfでのインストールを実行

1PGDG.rhel8.x86_64.rpm


日にちが経過すれば、変更となるかもですが、
以下現状での手順


4.Install the repository RPM: の手順
03-2.png



5.Install the client packages:
(この処理は不要です) dnf install postgresql12
1.png
実行すると
依存関係が解決しました。
行うべきことはありません。
完了しました!



6.Optionally install the server packages:
(この処理は不要です) dnf install postgresql12-server
2.png
実行すると
依存関係が解決しました。
行うべきことはありません。
完了しました!


7.Optionally initialize the database and enable automatic start:
(4).
PGSETUP_INITDB_OPTIONS="-E UTF8 --locale=C" /usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdb
/usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdb
04.png


(5).
systemctl enable postgresql-12
05.png

(6).
systemctl start postgresql-12
06.png


(7).
su postgres
psql
\l
alter role postgres with password 'Passwd12345'; 
\q
exit
Screenshot from 2019-10-13 03-06-00.png

(8).
 Firewallの設定 5432 port をopenします
firewall-cmd --add-port=5432/tcp --zone=public --permanent
Screenshot from 2019-10-13 03-06-23.png

(9).
 Firewall を再起動
firewall-cmd --reload
Screenshot from 2019-10-13 03-06-29.png




(10).
 Gnomeを使用している場合は、viだけではなきく、geditも使用できます。rootでログインしていますが
sudo gedit /var/lib/pgsql/12/data/pg_hba.conf
sudo gedit/var/lib/pgsql/12/data/postgresql.conf
Screenshot from 2019-10-13 03-23-11.png
Screenshot from 2019-10-13 03-24-30.png
Screenshot from 2019-10-13 03-24-38.png
Screenshot from 2019-10-13 03-26-47.png
** (gedit:7065): WARNING **: 03:26:06.451: Set document metadata failed: metadata::gedit-spell-language という属性値はセットできません

** (gedit:7065): WARNING **: 03:26:06.451: Set document metadata failed: metadata::gedit-encoding という属性値はセットできません

** (gedit:7065): WARNING **: 03:26:08.011: Set document metadata failed: metadata::gedit-position という属性値はセットできません




(11).
15. confファイル編集保存後 PostgreSQLの再起動
systemctl restart postgresql-12
999.png



posted by a23 at 10:40| Comment(0) | PostgreSQL