2018年07月06日

MySQLパフォーマンスチューニング PDF

MySQLパフォーマンスチューニング概要 - Oracle さんのpdf



InnoDB パフォーマンス Tips

innodb_buffer_pool_size
 MySQL&InnoDBのみを利用していれば、メインメモリの80%程度を割り当てる
 データとインデックスの両方をキャッシュ

innodb_log_file_size

innodb_buffer_pool_sizeの25%?100%
 ログファイルがどの程度頻繁に切り替わっているかをチェック
 値を大きくするとクラッシュ後のリカバリ時間が長くなる
 innodb_flush_log_at_trx_commit
 1 (遅い) コミット時にログをフラッシュ。真のACID
 2 (速い) コミット時にはOSのキャッシュにログをフラッシュ、ディスクとのシンクは毎秒1回
 0 (最速) ログを毎秒1回(またはそれ以下)

起動中の変更は
mysql > set global innodb_flush_log_at_trx_commit = 2;
再起動は、不要のようです

posted by a23 at 17:38| Comment(0) | MySQL

2018年07月05日

MariaDBでcsvファイルをインポート LOAD DATA LOCAL INFILE 

LOAD DATA LOCAL INFILE '/usr/csv/PERSON.csv' INTO TABLE M_PERSON FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"' LINES TERMINATED BY '\r\n';

ERROR 2 (HY000): File 'ファイルの絶対パス' not found (Errcode: 2)
CSVファイルのフォルダーに権限がない
1.png







実行後、文字化け
2.png


SET character_set_database=sjis;





posted by a23 at 17:59| Comment(0) | Mariadb

WFSQL

Firebird1.5.6 のデータを、CSVに、エクスポートするために、Windowsで使用。

(標準ツールでは、Firebird1.5.6 のデータを、CSVに、エクスポートできません)

(FSQLのGUI版のようです)


01. wfsql_1_9_23.7z を ダウンロード
から
w01.png
w02.png
02. 7zipで、解凍OK   WFSQL.exe 
(lhaplusでは、解凍できなかった こちらでの設定が悪かっただけ、なのかもしれません?)
w03.png

03. 実行環境
今回は、d:\にWF_SQLフォルダを作成し、WFSQL.exe と 使用する対象サーバーバージョンの、 fbclient.dll をコピーして、WFSQL.exeを実行。
w04.png
04. 起動画面
01.png
05. File → Connect to Database...
05.png
06. Database Connect (接続設定画面) が開きます。
06.png
07. 設定項目を入力していきます、CharsetにSJIJが、なかったので、NONEにしました。
07.png
08. 接続完了
(エラーは赤字で、表示されるようです)
09.png
09. helpより構文の確認
EXPORT  {CSV|DBF} {'<select-command>' | TABLE <table>} [[FILE] '<output-file>']
{CSV|DBF} の選択ができるようです
{'<select-command>'  SQLによる選択も可能

今回は、
EXPORT  CSV  TABLE person 'd:\WF_SQL\output.csv'
として、実行します。
09.png
10. エラーなく実行されたようです。
10.png
output.csvが、作成されています。
10-1.png
11. csvの確認
11.png





posted by a23 at 15:20| Comment(0) | Firebird